スポンサードリンク

本題に入る前に、この「男組考」の内容について触れておこうと思う。

「男組考」は私が「男組」を読んで思ったこと、伝えたいこと、考えたこと、 気づいたことなどを書き記した論文である。要するに感想文のようなものである。 「男組」を読んだ人、まだ呼んでいない人、様々だと思うが気楽な気持ちでこの論文を読んで欲しい。 まだ「男組」を読まれていない方は読まれることをお勧めしたい。

この論文に対する中傷は受け付けませんが、考え方においての相違等は是非お聞かせ頂きたく思います。 事実事項等「男組」内容を抜粋した部分での相違等を見受けられた場合は、即刻ご意見頂ければ幸いです。 また、感想や「男組」関連のことでお気づきのことあればご一報頂けます様お願い致します。

尚、この論文の特記として下記に取りまとめることにする。

  1. 「男組」原作よりの引用に関しては全て臙脂色で記すことにする。
  2. また、引用・シーン等における原作頁数は、<巻数/頁数>にて記す。
  3. (あらすじ)の頁においては、原作見開きのあらすじを原則としてそのまま引用することにした。
    ※但し、25巻については引用文が無い為、著者にてまとめた。
  4. ここで言う原作本は、参考文献で、記すものを指す。

日本漫画文学研究所通販

池上遼一の漫画
スポンサードリンク

「サンクチュアリ」文庫版 全8巻セット

男組カテゴリー

男の生き様

男の死に様

その他