スポンサードリンク
  • 兄弟たちよ!───── 戦いで結ばれた兄弟たちよ!おれたちに別れはない!! 死さえもおれたちの間をさくことはできない!! だ、だが・・・・・・・・・
    <23/164>

流もまた皆と同じように、死など恐れず戦い続ける意思のもと、指導者として行動する。 唯、ここで注意したいのが、指導者としてあるが故、指導者としての自分と、仲間としての自分との考え方の食い違いによる葛藤である。
自分の指揮により、次々と仲間が命を落としていく中、考え方は仲間も同様、一つだが、果たしてそれでいいのか? 先に言った大杉の死の話の時と同様に、流にも人間的な弱さがここに出ている。

  • いつまでもみんなとこうやって楽しく過ごせたら・・・
    <24/84>

ただし、人間的な弱さに苦しみつつも、やはり戦い続けなければならぬのだ。何故なら男だから。

日本漫画文学研究所通販

池上遼一の漫画
スポンサードリンク

「サンクチュアリ」文庫版 全8巻セット

男組カテゴリー

男の生き様

男の死に様

その他