スポンサードリンク

神竜組の副官として物語中盤から、メキメキとその悪役ぶりを披露し続けてきた、朽木であるが、 意外ではあるが、ずいぶん男らしい死に方をしているではないか。
影の総理邸より脱出の際、ガードマンに撃たれ負傷、なんとか神竜と朽木組組員の車までたどりつくが、 神竜を車に乗せたあと、寸での所で肩にもう一発食らってしまう。

  • 助けようとする神竜を車に乗せ自らの両足でドアを閉めるシーン
    <23/78>
  • 私を助けに外へ出て弾を受けたら、せっかくここまで逃れた努力も水の泡!若っ!
    あなたは大望のある身だということを忘れてはなりませんっ! 私は若にすべてをかけたのです!栄光をつかむ姿をみるまでは死ねません! まだ部下が大勢残っています!連中とここをかたづけて、必ず若のあとを追って参ります!
    若は天下をおとりになる方だ! 私は若を信じております!
    若におつかえできて光栄でした!

    影の総理邸のガードマンに撃たれ死亡。
    <23/79〜84>

日本漫画文学研究所通販

池上遼一の漫画
スポンサードリンク

「サンクチュアリ」文庫版 全8巻セット

男組カテゴリー

男の生き様

男の死に様

その他