スポンサードリンク

物語のクライマックスでもある部分。 流は悟るようにいう。

  • 死んでも悔いはない。 おれは宗教には興味はないが・・・・・ キリストの言った言葉を思い出した・・・・・ 一粒の麦が地に落ちて 死ななければ それはただ一粒の ままである。 しかし死んだなら 豊かに実を結ぶ ようになる。 一粒が万粒にもなるだろう・・・・・・ <25/40>

そして・・・

  • 流が影の総理打倒のため旅立つシーン

    風は
    蕭蕭として
    易水寒し
    壮士一度去って
    復た還らず
    <25/44>

神竜から受けとった短刀を握り締めつつ、影の総理に立ち向かう流・・・・・

  • 暴虐の雲 光を覆い
    敵の嵐は荒れ狂う
    ひるまず進め我らが友よ
    敵の鉄鎖を
    打ち砕け
    自由の火柱輝かしく
    頭上高く燃えたちぬ
    今や最後の戦いに
    勝利の旗は
    ひらめかん
    立て兄弟よ
    行け戦いに
    聖なる血にまみれよ
    砦の上に我らが世界
    築き固めよ勇ましく
    <25/59〜64>

流は死んだのだろうか?
それはキリストの話、そして旅立つ背景に書き連ねられた、刺客列伝。
それをみても明らかである。
しかし、死んだからと言っても、終わらない。男の想いは、受け継がれ、死にはしない。
そしてまた始まる・・・

日本漫画文学研究所通販

池上遼一の漫画
スポンサードリンク

「サンクチュアリ」文庫版 全8巻セット

男組カテゴリー

男の生き様

男の死に様

その他