スポンサードリンク

カギ

概要

総頁数
95頁
登場人物
  • 渡辺ひろゆき(うそつき)
  • ママ
  • パパ
  • 隣の恵美ちゃん
  • 隣のおくさん
  • 隣のおとうさん

要点

渡辺ひろゆきは、嘘ばかりつくことから、「うそつき」と呼ばれ、周囲の皆に嫌われていた。
隣家の足の悪い一人娘恵美ちゃんが、その母親に殺される現場を見てしまうが、日頃のうそつきぶりから誰からの信用されない
隣家の夫婦に口止めのために殺されかかるところを、とっさについた嘘が功を奏して助けられる。

解説

とにかくいつでもどこでもうそばっかりの「うそつき」は、さながら現代のオオカミ少年である。日頃嘘ばっかりついている為、肝心な殺人事件の話などしても誰も信用してくれない。
ごく平凡な団地の隣に住む「感じの良い夫婦」が実の娘を殺害(おくさんは、殺したのでは無い、事故だと言い張るが真相は不明)するというよくある話。良い人そうだったのに、とか、あの人が?というのは現実社会のニュースでもよく耳にする。他人の心の中は誰もわからないのである。
実際、良い人そうな人が必ずしも良い人とは限らない。この話では、素行不良少年うそつきと、いかにも人の良さそうな隣人が対照的に描かれていて、実はうそつきのほうが正しく、隣の夫婦が悪かったというエピソードとなっている。
しかし、こんなことの後でもうそつきの嘘は直らなかったという。

日本漫画文学研究所通販

スポンサードリンク

おろちカテゴリー

おろち物語分析

おろち登場人物

サイトマップ