スポンサードリンク

「おろち」についての概要

「おろち」は、姉妹、ステージ、カギ、ふるさと、骨、戦闘、秀才、眼、血の全九編の短編ストーリーから成るホラー漫画である。
「おろち」というのは、主人公の少女の名前である。主人公といっても、どちらかと云うとストーリーテラー的な役割を果たしており、その素性は物語の完結まで謎に包まれている。「おろち」は、時には終始傍観者であり、時には自らの手によって物語を展開する。
おろちに関する分析はW.おろちの章で述べたいと思う。
「おろち」の全九編は、それぞれが一つの独立したストーリーになっていて、主人公「おろち」によって繋がっている。
どちらかというと、おどろおどろしいタイプのホラーでは無く、人間の本質的なエゴイズム、嫉妬、醜悪などを描いたストーリーが多いのが「おろち」の特徴であるといえよう。

日本漫画文学研究所通販

スポンサードリンク

おろちカテゴリー

おろち物語分析

おろち登場人物

サイトマップ