スポンサードリンク

メイン

1968年6月の作品。非常にシュールな作品で、数あるつげ義春の作品の中で、もっとも有名な作品ではないだろうか。

日本漫画文学研究所通販

スポンサードリンク