スポンサードリンク

« シャーマンキング | メイン

激!!極虎一家

所謂、極道モノというか喧嘩漫画。
宮下あきら作。宮下あきらといえば「魁!!男塾」だが、既にこの作品の前のデビュー作からそんな作風になっている。

軽快な喧嘩物語で、結構気楽に読める作品である。

この作品には主人公の虎を差し置いて印象深い人物が登場する。

そう、枢斬暗屯子(すうざんあんとんこ)だ。

suuzan.jpg

設定上は17歳の女子校生な訳であるが

ひげ
ふんどし

どれをとっても完全男キャラである。

という訳で、極虎といえば枢斬暗屯子という印象が異様に強くなる。
一生トラウマのように忘れられないキャラだろう。

日本漫画文学研究所通販

スポンサードリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cgi.orochi.org/mt/mt-tb.cgi/451

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)